永久脱毛って本当に生えてこないの?

無毛という意味ではない

永久脱毛というと、1本たりともムダ毛が生えてこない状態というイメージですが、実際のところは若干異なります。実は日本ではきちんとした定義があるわけではなく、一般的にアメリカの定義を流用している状態です。その定義はというと、「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である」というのが永久脱毛ということになっています。ですから、絶対にムダ毛が生えてこない!というわけではないのです。
とはいうものの、脱毛施術を繰り返し受けているうちに、ムダ毛の処理が楽になったり、濃いムダ毛が薄く産毛のような目立たない毛になっていきます。そして実際にはほとんど生えていないレベルにまで脱毛することができます。脱毛の満足度は個人差がありますが、納得のいくレベルにまでムダ毛が減れば、その人の脱毛が完了したといえるのです。

永久脱毛と謳えるのは医療脱毛だけ

また、すべての施術場所において永久脱毛と表記できるわけではありません。永久脱毛と謳えるのは医療脱毛だけです。脱毛サロンで行われている光脱毛は、永久脱毛できるとはいえず、減耗できるというところにとどまります。だからといって医療脱毛で主流となっているレーザー脱毛においても完全にムダ毛をなくせるというわけではありません。永久脱毛と書かれているからと言って効果が高いということではないのです。脱毛サロンの施術でも、満足のいく脱毛状態に至る人は大勢います。脱毛効果の高さは、スタッフの技術力と脱毛機器によって大きく左右されますので、永久脱毛という表記だけに惑わされることなく、信頼できる施術場所を探すことがおすすめですよ。